Profile

杉本 憲相 (KENSUKE Sugimoto)

建築物の断片からジャンクpcまで、多様な「死したマテリアル」にキャラクターの身体を描いたオブジェ等を制作する。

1991年 三重県生まれ

 

2016年 東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了

2014年 金沢美術工芸大学美術工芸学部美術科日本画専攻 卒業

 

CV

■個展

2020年

『ふめつのからだ』 / 金沢アートグミ(石川)​

2018年
『何十年も前に死んだ。』/ 中央本線画廊(東京) 

 

2017年

『インビジブル リバーシブル』 / MAP 前橋市民ギャラリー(群馬) 

『風景と亡霊』 / 芸宿 (石川)

 

2016年
『VOID ISLAND』/ コンフリ (茨城)

 

■グループ展

2021年

『Radical Hysterier Hour』 / +ART GALLERY(東京)

2020年

『カオス*ラウンジXI キャラクターオルガナイズ』  / ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエ(東京) 

2019年

『スクランブルの景色』 / CAMEROT (東京)

『フィジカルボディ・コンプレックス』 / 新宿眼科画廊(東京)

『メディウムとしてのアニメ』 / 関内文庫 (神奈川)

2018年

『カオス*ラウンジX ポタティックドリーム2018 実質ヴァーチャルの冬』 / 中央本線画廊(東京)

「わたしはお皿に落書きをしません。」 / ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエ(東京)

『くずれる家』 / Iwana Mitsunoki Studio、旧三重銀行跡(三重)

『3×3』企画内二人展『アフター10.12』/ Audio Visual Pavilion(韓国、ソウル)

『カオス*ラウンジ 破滅*アフター』 / 六本木ヒルズA/Dギャラリー(東京)

 

2017年
『ANOTHER LENS 新たな視点』(二人展) / JR上野駅BREAKステーションギャラリー(東京)

カオス*ラウンジ主催『ISETAN ニューアーティスト・ディスプレイ』/ 伊勢丹新宿本店(東京)

『POSTTOWN BRICOLAGE』 / 中央本線画廊(東京)

 

2016年
『”KITAJIMA/KOHSUKE"#13~池と怪物編~』 / カタ/コンベ (東京) 『MORPH』 / 元・立誠小学校 (京都)

 

2015年
『しゃがみ弱パンチ美術館INコザ銀天街「52HZ」』 / コザクロ (沖縄) 

『”KITAJIMA/KOHSUKE"#10~100年転送~』 / カタ/コンベ (東京)

 

■その他

2019年

「TOKYO  2021美術展『un/real engineー慰霊のエンジニアリング』」カオス*ラウンジ 東海道五十三童子巡礼図

 

2018年

カオス*ラウンジ主催『現代美術ヤミ市』/ BUCKLE KÔBÔ (東京)

個展図録『何十年も前に死んだ。』 / 4月発行

 

2015年

『SICF16』 / スパイラル3Fスパイラルホール(東京)

 

2014年
『延岡東海さるくアーティストインレジデンス』 / リバーパル五ヶ瀬川(宮崎)

 

2013年
『問屋町アートフェア 2013』 / 問屋まちアートスタジオ (石川)

『シムカップアートキャンプ 2013』(アーティストインレジデンス) / 占冠村(北海道)

村上隆主催『GEISAI#18』 / 東京都立産業貿易センター台東館 (東京)